赤ちゃんのあせも対策はおうちで基本ケアを

 

ママにとって、赤ちゃんのお世話はたくさんすることもありますし、色々と神経質になりがちですが、基本ケアや基礎的な知識を知っているだけで毎日のお世話がとても楽になります。

 

夏の赤ちゃんで気を付けたいことがあせもなどの皮膚トラブルになります。
生まれたてのベビーは新陳代謝が活発であるにもかかわらず、自分自身での体温調整が上手にできないなど、まだ機能面で未熟な部分が多く、暑い季節はあせもなどができやすいです。

 

そこでママが日ごろから簡単な基本ケアをすることで、かなり防ぐことのできるものになります。

ママが赤ちゃんのために頑張ります!簡単基本ケア

まずお部屋が暑くならないように、冷房や扇風機で適温にしておくことが大切です。
節約やエコの観点から、大人が少し涼しいと感じる温度にしがちですが、基本的に赤ちゃんの居る家庭は大人の快適温度からプラス1度上げる位がちょうど良いです。

 

また、ベビーにはかならず綿素材の肌着を着せることです。
今はやりのメッシュタイプの肌着もあるので、涼しくしておくと良いです。

 

また、着替えは頻繁にしてあげることも大切です。
汗をかいているときは、何回でも着替えをして清潔にしておくと良いです。
ここでポイントは背中の部分にタオルやガーゼをあててあげると、汗を吸収してくれるので着替えの回数を減らすことができます。

 

1番のポイントは埋もれがちな部位!

そして一番大切なことは、お風呂の時にしっかりと石鹸で泡だてて首など埋もれがちな部分をしっかりと洗ってあげることと、石鹸のすすぎ残しがないようにしてあげることです。

 

あせも対策にはお風呂が一番効果的です。
あまりも暑い猛暑日などは、夜のお風呂に限らずさっとシャワーで流してあげるのも良いです。

 

このように基本対策をしっかりすることでかなり肌トラブルは防げます。

 

赤ちゃん’Sトラブルあるある
赤ちゃんのお悩みでも多いのが「便秘」。赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖がおすすめなのでもし悩んでいるママがいれば試してみてくださいね!

ケアを入念にしつつお薬に頼ることも大切


もし、自宅でのケアをしっかりしていたにもかかわらず、あせもがなかなか良くならない場合は一度、小児科へ相談をしてみたり、市販の皮膚用のお薬などに頼ることも一つの方法です。
非ステロイド系のお薬であれば、小さなベビーでも安心して使うことができますし、ママも副作用などの心配がありません。
赤ちゃんのあせもは放置しておくと、そのままアトピーになったり、とびひになったりと悪い影響ばかりになるので、早めにケアや対策が必要です。自宅での簡単なケアでできるだけ、肌トラブルの少ない夏を過ごさせてあげたいです。
また、トラブルがひどくなったときはプロに相談をして、しっかりとお薬や塗り薬を処方してもらうことも重要です。